手荒れ手湿疹保湿クリーム・ステロイド手荒れクリームならミーコの店|スキンケア専門店

ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

ホームブログ ≫ 手荒れ・主婦湿疹・手湿疹 ≫

ブログ

アルコール消毒と手荒れと手湿疹

美しい手
アルコール消毒もやりすぎることで別のリスクを背負うことにそろそろ気づきましょう。
新型コロナウイルスの感染を防ごうと、どこもかしこもマスクを着けた人ばかり。
手洗いやうがいに加え、アルコール消毒も徹底し、日本中がコロナ対策に躍起になっています。
でもこれらの行為によって、一歩間違えると別の病気リスクが発生すると感染症に詳しい秋津医院・秋津壽男院長も警報を鳴らしています。
うがい薬の使いすぎは、免疫力の低下を招きます。
口腔内や喉にはウイルスや細菌と戦ってくれる善玉の常在菌がいますが、ヨード系のうがい薬は殺菌効果が高く、善玉の常在菌まで殺してしまいます。
これにより、かえって免疫力が下がり、風邪などにかかりやすくなる可能性がでてきてしまいます。
ウイルス対策のためのうがいは、口腔内の乾燥を防ぐことが目的なので、実際には水だけで十分なのです。
アルコール消毒のやりすぎも同様のことが言えます。
殺菌効果は確かにありますが、手の被覆膜まで取れてしまうため、皮膚がカサカサになり、手肌が荒れたり、ひび割れを起こしやすくなり、その傷口から雑菌が入り、化膿してしまうことがあります。
また、アルコール消毒だけでは、死んだウイルスが付着したままになっています。
流水で入念に手を洗うほうが、汚れと一緒にウイルスも洗い落とせるので、洗浄効果は高いといえます。
まず流水で手を流し、ペーパータオルで拭いて、最後に少量のアルコールで手を揉むようにする事が理想的です。
ゴム手袋を長時間つけたままで仕事をしなければならない病院スタッフの方やスーパーやコンビニのレジをしている方たちを見る度に(手荒れ手湿疹へと移行していくことは避けられない環境に手が置かれてしまっている)私は心が痛みます。
皮膚機能が低下した皮膚は保湿クリームをいくらつけても回復は望めません。
そしていずれ皮膚科でステロイド軟こうを処方され、一時的に回復したように見えてもすぐに再発し、心まで病んでいってしまいます。
そんな負のスパイラルを断ち切って健康な手を取り戻すには、
手荒れ・主婦手湿疹スキンケアサンプルセット  

コクレイ・アビエル商品は、敏感肌や過剰反応してしまう肌や皮膚機能が低下して薬でも改善できなかくなった肌を自然治癒力・免疫力・バリア機能を回復させることで健康な肌へと導くスキンケア商品です。
2020年12月05日 16:48

冬の指先のケアには、コクレイヘアトリートメントクリーム!

コクレイヘアトリートメントクリーム(ヘアクリーム)50g
人間の皮膚の構造はとてもシンプルで長い時間をかけて自然界と共存するために進化してきました。
その中で被覆膜(皮脂膜)は、夏はバニシングタイプに配合バランスが移り変わり、汗を外に出しやすくなり、逆に冬はコールドタイプへと移行し、寒気から皮膚を守ろうとします。
でも冷暖房の進化した住みやすい環境にいる私たちの皮膚は、本来の機能がうまく作動できずにいます。
そして部屋の外と中、朝と夜の温度差に被覆膜(皮脂膜)が付いていけなくなっています。
指先のひび割れやささくれや乾燥が気になる季節には、スキンケアの仕上げにコクレイヘアトリートメントクリームをプラスすると指先のひび割れやささくれや乾燥をしっかりとカバーしてくれます。
水仕事をする前やどうしてもゴム手袋をしなくてはいけない時や素手で庭いじりをする前と後に使ってみると…その場で違いが体感できます。
自信を持ってお薦めします。
2020年11月28日 19:20

新型コロナウィルスと手荒れ・手湿疹

cd4e9ef4f6ea875526b4ed6f60b5b8eb
今年は新年早々、中国の武漢市からの新型コロナウィルスが大流行し、世界中へと拡散してしまいました。
1月中旬から始まって早や9ヶ月が経ち、新型コロナウィルスに対する見方考え方も随分様変わりしています。
有名人や身近な人の死を直面し、世界も日本もそして自分たちの住んでいる地域でもこの9ヶ月謬気に対する不安と経済的な不安とで済みにくい世の中になってしまいました。
これから新型コロナウィルスと上手に共存しながら、たくましく経済を立て直していくしかないのかと一般市民の私なりに理解しています。

私は歳も若くなく喘息の持病があるので、一日も早い沈静化を願いながら手洗いとマスクを手放せない毎日を送っています。
そして今、危惧することがあります。

それは新型コロナウィルスを防ぐ手段として殺菌剤やアルコールが充満することで、正常菌叢の崩壊や自己免疫疾患を招き、手湿疹や手荒れが急激に増えるということです。
そんな時にしっかりと手洗いの後のケアをできている人とそうでない人は歴然の違いが出てきていると思います。
保湿クリームが飛ぶように売れているとワイドショーで取り上げられていましたが、一時的なケア(被覆膜の形成)としては有効ですが、慢性化した手荒れから手湿疹(殺菌剤やアルコールへの白血球の過剰反応)へと移行していくでしょう。

症状緩和ではなく、皮膚機能強化をする事は必要なんだけどなぁと思います。

そうなる前に自分の皮膚の中で起きていることを考えてみるのも大切なんですよ。

手荒れや手湿疹は新型コロナウィルスのように人に移ることも命にかかわることもありませんが、悪化するとちょっとやそっとでは完治できず、日常生活においてかなりのストレスとかゆみと痛みを伴うことになってしまいます。

手荒れ・主婦手湿疹・手湿疹の記事を載せていますので、まずは今の症状と照らし合わせてみましょう。

手荒れ・主婦手湿疹・手湿疹の症状は、3つにわけることが出来ます。
軽症悪化重症
その症状によってケア方法も変わってきます。

冷静に賢く状況を理解し、新型コロナウィルスそして手荒れや手湿疹を正しい判断で乗り切ってください。

ミーコの店では、手荒れ・主婦手湿疹・手湿疹の方の症状と心の辛さに寄り添い、その方に合ったスキンケアのご紹介と共に回復するまでの良きアドバイザーとして努めてきました。

10年以上のお付き合いの方もたくさんいますが、改善後もご自分のお肌に対する意識も高くなり、お肌の脆さも知ったうえで、平凡な日常の有難さを再確認し、お肌を上手にコントロールできるところまで成長してくださいました。

これからもしっかりとそんな方たちを見守っていきたいと思います。
2020年10月09日 14:05

ミーコの店

所在地
〒360-0015 埼玉県熊谷市
肥塚1丁目2-51

電話番号
048-507-8116

営業時間 10:00~18:00

定休日 土・日・祝日

店舗概要はこちら

モバイルサイト

ミーコの店スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら