<テニス:全豪オープン>◇1月26日◇メルボルン・メルボルンパーク◇女子シングルス決勝◇優勝賞金410万豪ドル(約3億3000万円)

世界4位の大坂なおみ(21=日清食品)が、男女を通じて日本人初の全豪シングルス女王の快挙を達成した。
同6位のペトラ・クビトバ(チェコ)との頂上決戦を7−6、5−7、6−4で制し、28日発表予定の最新世界ランキングで、アジア初のシングルス世界1位も確定した。
18年全米に引き続き4大大会2大会連続優勝は、14年全米から4大会連続で制したS・ウィリアムズ(米国)以来となった。

大坂なおみがウイニングショットを決めると、コート上でうずくまった。ついに世界の女王となった。
全米に続く全豪優勝で、世界の頂点まで上り詰めた。
勝った方が4大大会の優勝と世界1位を手にする、まさに頂上決戦。
その大舞台でも、全くひるむことなく、いつものように左手でガッツポーズをつくり、「カモーン!」を連発した。
クビトバとは初対戦だった。ともに身長180センチを超す長身で、パワーもある。
矢のようなストロークが、コート上を行き来した。相手は左利きでもあり、大坂の対応力が心配された。
第1セットから相手のワイドのサーブに苦しめられ左右に大きく振られた。
それでも「初対戦が全豪の決勝。こんなにすてきなことはない」と話していたように、その心配も吹き飛ばした。
5度のブレークチャンスを与えたが、持ち前の粘りでしのぎ、タイブレークに持ち込むと、強烈なサーブで相手を圧倒、第1セットを奪った。
第2セットに入ると、お互いにブレークをしあう展開。両者我慢の展開となったが、大坂は丁寧に相手のショットを返してラリーを続け、勝負どころでのクビトバのミスを誘って試合を優位に進めた。
ところが第9ゲームで40−0という3度のチャンピオンシップポイントがありながら、ブレークできず、ファイナルセットに持ち込まれた。
いら立ちをあらわにしたまま第3セットに入った大坂だったが、先にブレークして優位に試合を進め、日本人初の快挙を成し遂げた。
昨年9月に全米を制し、日本のテニス界の歴史を変え、一気に注目を浴びた。
それでも自分のテニスを忘れず、成長を続けた。
4大大会連続優勝はS・ウィリアムズ以来。
S・ウィリアムズが姉ビーナスとともに築き上げたウィリアムズ時代が幕を閉じ、数年を経て、今度は確実に大坂なおみの時代がやってくる。

▽大坂なおみの話 ペトラ(クビトバ)おめでとう。
最初の対戦がこんな結果で申し訳なかったけど、いい試合だった。
ファンの皆さん、暑い日でも応援に来てくれてとても感謝してます。
トーナメントを実現してくれた方々、チームの人たち、みんながいなければここまで戦えなかった。
支えてくれてありがとうございます。

(biglobe ニュース引用)

大坂なおみ選手の決勝戦、見入ってしまいました。
そして試合中の集中力も凄かったけど、人柄を感じさせる優勝あいさつに改めて大坂なおみという人にとても共感を感じました。
21歳という若さで、この一年で急成長を遂げながら世界1位の座を獲得した日本人。
とても誇りに感じた人はいっぱいいたと思います。
これからもどんどん成長していくであろう大坂なおみさんから目が離せなくなりそうです。