アルコール消毒もやりすぎることで別のリスクを背負うことにそろそろ気づきましょう。
新型コロナウイルスの感染を防ごうと、どこもかしこもマスクを着けた人ばかり。
手洗いやうがいに加え、アルコール消毒も徹底し、日本中がコロナ対策に躍起になっています。
でもこれらの行為によって、一歩間違えると別の病気リスクが発生すると感染症に詳しい秋津医院・秋津壽男院長も警報を鳴らしています。
うがい薬の使いすぎは、免疫力の低下を招きます。
口腔内や喉にはウイルスや細菌と戦ってくれる善玉の常在菌がいますが、ヨード系のうがい薬は殺菌効果が高く、善玉の常在菌まで殺してしまいます。
これにより、かえって免疫力が下がり、風邪などにかかりやすくなる可能性がでてきてしまいます。
ウイルス対策のためのうがいは、口腔内の乾燥を防ぐことが目的なので、実際には水だけで十分なのです。
アルコール消毒のやりすぎも同様のことが言えます。
殺菌効果は確かにありますが、手の脂分まで取れてしまうため、皮膚がカサカサになり、手肌が荒れたり、ひび割れを起こしやすくなる。その傷口から雑菌が入り、化膿してしまうことがあります。
また、アルコール消毒だけでは、死んだウイルスが付着したままになっています。
流水で入念に手を洗うほうが、汚れと一緒にウイルスも洗い落とせるので、洗浄効果は高いといえます。
まず流水で手を流し、ペーパータオルで拭いて、最後に少量のアルコールで手を揉むようにする事が理想的です。
ゴム手袋を長時間つけたままで仕事をしなければならない病院スタッフの方やスーパーやコンビニのレジをしている方たちを見る度に(手荒れ手湿疹へと移行していくことは避けられない環境に手が置かれてしまっている)私は心が痛みます。
皮膚機能が低下した皮膚は保湿クリームをいくらつけても回復は望めません。
そしていずれ皮膚科でステロイド軟こうを処方され、一時的に回復したように見えてもすぐに再発し、心まで病んでいってしまいます。
そんな負のスパイラルを断ち切って健康な手を取り戻すには、
手荒れ・主婦手湿疹スキンケアサンプルセット
コクレイ・アビエル商品は、敏感肌や過剰反応してしまう肌や皮膚機能が低下して薬でも改善できなかくなった肌を自然治癒力・免疫力・バリア機能を回復させることで健康な肌へと導くスキンケア商品です。