ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

紫外線

紫外線

高血圧は日光浴で改善できる

太陽療法は、血液の循環に劇的な影響を与えることができます。

ヘリオテラピーという言葉を聞いたことがありますか?

これは、ギリシア神話に登場する太陽の神・ヘリオスの名をとったもので「太陽療法」という意味です。

その名の通り、太陽光線(特に紫外線)を病気の治療に役立てようというもので、20世紀の初頭に誕生して一時はヨーロッパでかなり広範に用いられました。

1900年当時の研究データをみてみると、血圧に関する面白い記録が残されています。

紫外線の照射を受けることで、高血圧症の人も、そうでない健康な人においても、血圧がみんな一様に下がった、というのです。

しかも、わずか1回の照射で効果が現れ、その状態は4~5日に渡って持続した、といいます。

一日一回は髪(頭皮)顔、体を洗ってください。

一日一回は日光に15分以上浴びてください。

・ビタミンDの形成・・・免疫力強化、カルシュウムの吸収促進、副腎機能の促進、副腎皮質ホルモンの亢進、甲状腺機能の亢進。

・ビタミンBの吸収促進・・・口内炎、骨粗しょう症に有効

高波長の紫外線は体を健康に導いてくれます。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3部構成になります。

さらに表皮は、角質層←顆粒層←有棘層 ←基底層からなり42日間かけて、段階ごとの仕事を終えてアカとして剥がれ落ちます。

このことを皮膚の新陳代謝のことをターンオーバーと呼ぶことはご存知だと思いますが・・・この周期は、早すぎても又遅すぎても丈夫で健康な皮膚を育てることはできません。

今、日本中で紫外線の悪影響が取り出されています。

オゾンの影響で地球に届くことのなかったUV-Cが入り込んでいる地域があるからでしょう。

ほんのわずかの地域です。

そのため、UVカット効果の高い商品があたりまえのように巷ではでまわってしまいました。

その結果発生してしまったのが乾皮症・掻痒症・角化症・慢性的な皮膚炎・尋常性乾癬・荒れ肌・脂漏性疾患・アトピー性皮膚炎です。

そしてこの治療に3100Å(オングストローム)の紫外線が今使われています。

弱ってしまった皮膚にとっての紫外線は、メラノサイトの活性がうまく行なわれない為メラニン色素が正しく生成できません。

実はこのメラニン色素を若いうちに増殖させておくことはとても大切なことです。

私たちの体の中は、常に新しい細胞が作られるために活動しています。

自然界の中で共存して生きています。

そのバランスが崩れ、長い時間を経過してしまえばしまうほど元の状態に戻すことが難しくなります。

今、トラブルが起きているとしたら、それは長い年月により体質が正常に機能できなくなってしまったために起きていることが考えられるということです。

その機能を正常に戻すことは時間はかかるかも知れませんが、そう難しいことではありません。

体が喜ぶことをしてあげれば・・・休ませて活動しやすい環境を作ってあげれば、バランスの取れた栄養を与えてあげれば、そして晴れた日に公園でのんびり日向ぼっこをしてあげれば、体がほっとするのが解かります。

そしてどんなにかゆくってもかきむしらないでください。

皮膚のバリア層に穴が開き、菌の進入・好中球の異常活性・ターンオーバーの周期の短縮を招いてしまいます。

たたくぐらいで、できるだけ我慢しましょう。

コクレイ・アビエル商品の主成分は、酵素、プラセンター、ヒアルロン酸、コラーゲンです。

継続して使うことで健康な肌、体を取り戻し、維持していける商品です。
僕、キンちゃん。

カメラを向けられると緊張して、怒った顔に見えてしまうんだ。

でも凛々しい顔にも見えるよね!

お気軽にお問い合わせください TEL 048-511-2056 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ミーコの店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.