ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

手荒れ・主婦手湿疹

手荒れ・主婦手湿疹

手荒れ・主婦手湿疹が起きてしまう原因は、水や洗剤を頻繁に触ることによる被覆膜の飽和脂肪酸の崩壊・角質層のラメラ構造の崩壊が考えられます。

そして長年にわたり手荒れ・主婦手湿疹で苦しまれている方は、皮膚科に通われることになり、ステロイド軟膏や抗ヒスタミン剤を処方されます。

ステロイド軟膏や抗ヒスタミン剤は、一時的にはとてもいい薬です。

傷の修復や炎症、かゆみや痛みも取り除いてくれるのですが、あくまでも対症療法です。

手荒れ・主婦手湿疹になった原因物質に直接働きかけるわけではなく、ヒスタミンを抑制したり、白血球の機能を低下させることにより症状を軽減しているだけです。

ステロイド軟膏と一緒に抗菌剤や抗生物質が処方されるのはこのためです。

薬をやめた途端に症状が悪化するのは、白血球の機能低下が考えられます。

細菌が入り込んでも攻撃がうまくできず、細菌感染症を引き起こします。

又角質が薄くなりターンオーバーの乱れを生じます。

自己免疫疾患という白血球(好中球)の過剰攻撃を起こしていることも考えられます。

どんどんレベルの強いステロイド剤にしないと効かなくなってしまう人もいます。

手荒れ・主婦手湿疹が長引くことでみんな苦しんでいます。

でもステロイド軟膏は上手に使うといい薬なのです。

私はコクレイ・アビエルによるスキンケアで免疫力・自然治癒力・バリア機能を回復してほしいと思いますが、天然物は即効性はありません。

そして抗炎症剤など入っていないためステロイドを長期で使われた方はリバウンドを起こします

そんな症状を防ぐには、スキンケアと並行して始めのうちはステロイド軟膏をご使用になることをお薦めしています。

手荒れ・主婦手湿疹は、細菌感染症と自己免疫疾患の混合による疾患です。

始めは単なる皮脂が間に合わなくなって角質の乾燥が起き、表皮層でカンジダ菌・白癬菌・黄色ブドウ球菌・化膿連鎖球菌などが異常繁殖してしまい白血球(好中球)が応戦します。

当然角質層は被害に遭い痒みや痛みで持ち主は苦しみます。

ステロイド軟膏や抗菌剤や抗炎症剤を使い続けることで皮膚本来の機能低下を起こし、又白血球(好中球)が過剰防衛(パニック)に陥ります。

本来なら細菌や真菌は、飽和脂肪酸・角質が防波堤となり皮膚の中に入り込むことは難しく、正常菌叢のバランスが取れていれば、異常繁殖はできず、その上好中球がその後ろで睨みを利かしています。

そのような皮膚の環境を取り戻すことがとても重要です。

そして自然治癒力・免疫力・バリア機能が整えれば手荒れ・主婦手湿疹は、ステロイド軟膏なしで回復することができるようになります。

<スキンケアとステロイド軟膏の違い>

コクレイ・アビエルによるスキンケアは、使い続けることで健康な皮膚(自然治癒力・免疫力・バリア機能)を取り戻すことができる。

ステロイド軟膏は、使い続けると効き目が弱まりもっとレベルを強くしないと効かなくなる(対症療法)。

根本的な部分をしっかりと治して手荒れ・主婦手湿疹という呪縛から一日も早く抜け出してください。

今までどれくらいの年月を手荒れ・主婦手湿疹で苦しんできましたか?

まずは、手荒れ・主婦手湿疹サンプルセットで感触を試してください。

人によって反応は違います。
その時点でもう一度ご相談ください。

5歳の頃のキンタロウです。

今でもサッカーボールが大好きで、ヘディングシュートもできます。
ヤンチャで元気で可愛いです。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 048-511-2056 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ミーコの店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.