ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

何で、私たちは汗をかかなくてはいけないのでしょうか?

それは、私たちの体は、汗をかくことで体温調節を行っているからです。

心臓などの臓器の温度は核心温と呼ばれ、およそ37度に保たれています。

これに対し、皮膚表面や筋肉などの温度は外殻温と呼ばれ、体の内側と外側の熱を入れかえる役割を果たしています。

汗をかくということは、熱を体の外へ放出するという大切な役割を果たしているのです。

例えば、風邪をひいて体温が高くなった時、気温が高くなった時、運動をして身体が熱くなった時など、汗を出すことで体温を下げ、平熱の36.5度前後に保とうとします。

もし、暑い時でも汗が出なかったら、体温がどんどん上がってしまい、熱射病や日射病になってしまい、生命の危機・・・なんてことも起きてしまいます。

又それとは逆に、運動不足や空調の利いた部屋でディスクワークをしていると・・・皮膚の末梢の血行が悪くなり、汗をかくことで体温調節するという機能が、低下してしまいます。

その結果、平熱が低い人が増えたり、自律神経系が弱ってしまう傾向も見られるようです。

また、ちょっとしたことで、シャツがびっしょりになるほどの大汗をかく人も、汗を出す汗腺の機能がやはり低下しています。

汗が出るのではなく、汗があふれているのです。

そして大粒の流れるような汗は、蒸発しにくく、体温を下げる効果も低く、ミネラルなどの成分がたくさん含まれているため、ベタベタして臭いもあります。

サラサラですぐに乾く“健康な汗”をかくためには、低下している汗腺の機能を高める工夫が必要になってきます。

湯船につかったり、通勤電車で一駅手前で降りて歩くなど軽い運動をすることで、健康な汗をかく習慣をつくっていきたいものです。

もちろん、水分を十分に補給することも忘れないてはいけません。

汗として発散した水分を何も補給せずにいると体内の水分量が不足しまい、汗をかくことができなくなり、体温だけが上昇してしまう「脱水状態」に陥ってしまいます。

また、血液粘度が高まることで、心筋梗塞などの原因になる場合もあります。

水分補給の際には、ゴクゴク飲むのではなく、喉が渇く手前で水分をゆっくりと口に含みながら噛むように飲む方が、体が吸収しやすいようです。

そして汗とともに失われがちなミネラルが多く含まれたものを取るように心がけましょう。

汗と上手に付き合っていきたいですね。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 048-511-2056 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ミーコの店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.