ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

かぶれ・かゆみ

かぶれ・かゆみ

私たちは当たり前のように、毎日の生活の中で多くの化学物質と共存共栄することで豊かな生活を営んできました。

しかし、その代償として私たちの体に、ある変化…かぶれが今、現れてきています。

ある日、突然、かゆみや痛みに襲われたり、皮膚が赤くなったり、じんましんが出たり、炎症が起きてしまうという・・・

昨日まで普通に生活していた人が、どうして突然「かゆみ」「かぶれ」が起きるのでしょう?

それは、全ての化学物質は、人間の皮膚に合ったり、なじんだりする事は絶対にありえないからなのです。

私たちの皮膚には、それぞれの化学物質を受け入れる許容量という生態機能が備わっています。

皮膚には、それぞれの化学物質を入れるコップがあると思うと解かりやすいですね。

このコップの大きさは、両親から受け継がれる体質遺伝・食生活・生活環境により個人差があります。

この容器がいっぱいになった時、化学物質から皮膚を守ろうとする反応(防衛反応)が起きます。

これが、「かゆみ」「かぶれ」発生のメカニズムです。

あなたの許容量(コップ)がいっぱいになっていないか、自己診断してみてください。

最近、パーマやヘアカラーで、次のような不快感を感じることはありますか?

① 頭皮にかゆみ、痛みや湿疹、炎症をおこすことがある。

毒性反応

②全身にかゆみ、痛みや湿疹、炎症をおこすことがある。

アナフィラキシー

③ 顔や首にかゆみ、痛みや湿疹、炎症をおこすことがある。

自己免疫疾患

④ 異常な発汗を感じることがある。

アナフィラキシー

⑤ 頭痛や吐き気を感じることがある。

アナフィラキシー

⑥ 普段かゆかった場所のかゆみが止まることがある。

細菌感染症・免疫力の低下

⑦ 異常にふけが出ることがある。

接触性皮膚炎

⑧ 異常に抜け毛が増えることがある。

接触性皮膚炎

1つでも思い当たる症状の出ている方は、許容量がいっぱいになりかけている危険な状態だと認識してください。

放って置くと、近い将来、普通の生活が続けられなくなる恐れがありますよ。

かぶれ・かゆみのメカニズム

人類の祖先であるホモサピエンス( 知的な人間 )地球上に誕生した450万年前(?)より人類(細胞)は、外界刺激物 から皮膚を守る保護能力を進化させてきました。

① 機械的刺激・・・ 圧迫、摩擦

② 物理的刺激・・・ 風、乾燥、低温、高温、紫外線―中波長

③ 生物的起因物質・・・ かび、細菌、ウィルス、毒性植物、毒

ところが、近年、私達の周辺には数多くの化学物質や合成品、貴金属などがあふれ、外界刺激物としての大きな影響を及ぼすようになってしまいました。

そして皮膚(細胞)にはこれらの異物(人間が作り出した自然界に存在しない物)に対応する能力はありません。

なぜなら、私たちは、いち生物であり、長い進化で得た免疫システムで対処することしかできないのです。

それが限界に達した時、かぶれ(かゆみ)という極めて厄介な現象が現れます。

かぶれ(かゆみ)は大きく分けて3つのカテゴリーに分類できます。

1.毒性反応

皮膚に許容量を超える有害物質が接触した場合、表皮層の好塩気球が破裂し、細胞障害物質( ヒスタミン へパリン )を分泌させます。

結果、かゆみ、痛み、発赤、湿疹、炎症などを局所的に発生させ、危険信号を発信します。

2.アナフィラキシー

皮膚に許容量を超える有害物質が接触した場合、真皮層の肥満細胞が破裂し、細胞障害物質( ヒスタミン へパリン )を分泌させます。

結果、かゆみ、痛み、発赤、湿疹、炎症などを全身に発生させ、危険信号を発信します。

3.自己免疫疾患

皮膚に許容量を超える有害物質が接触した場合、表皮層の好中球が異常活性をおこし、細胞障害物質(活性酵素 たん白質分解酵素)を分泌させます。

具体的には、敵、味方の区別無く、皮膚に接触する多くの物質を攻撃する過剰防衛反応がおきます。

結果、かゆみ、痛み、発赤、湿疹、炎症などを広範囲に発生させます。

頭皮や皮膚に異常を感じた場合、重度の場合は、医師の診察を受けてください。

ただし、薬はまた化学物質だということを忘れてはいけません。

症状を抑える対処法であって最後に治すのは、自分自身の自然治癒力であり、免疫力です。

そしてバリア層の強化も大切です。

皮膚の新陳代謝の正常化は、すぐにできるものではありません。

また、個人差もあります。

弱っている時こそ、

・生活習慣を見直す

・体を休める。

・心を休める。

・接触性皮膚炎の原因物質を身の回りから排除する

・天然由来のスキンケア商品を肌に取り入れる

コクレイ商品・アビエル商品 は、そんなかぶれを起こした皮膚を健康な皮膚に修復改善するために作られたスキンケア商品です。

接触性皮膚炎の場合、まず皮膚が嫌がっている成分や物質を皮膚から取り除いてあげる事が大切です。

頭皮のかぶれの改善方法

コクレイへシャンプーでまずは、皮膚かぶれを起こしている皮膚を綺麗に洗ってみてください。

ヤシ油系界面活性剤・アミノ酸系界面活性剤・脂肪酸石けん・酵素で、脂性の汚れ・老廃物・古い角質・化学物質の除去をします。

そして間充物質やアミノ酸の挿入により、角質層の形成や細菌感染症の抑制、消臭効果、基底層・繊維芽細胞の増殖・活性ができます。

そして河川に流してもバクテリアで分解されますので、環境汚染の心配もありません。

接触性皮膚炎の場合は、シャンプーするだけでもかゆみや赤みや腫れが引いていきます。

皮膚の弱い人こそ、洗浄剤はよく選んで使ってください。

そしてコクレイヘアトリートメントリンスで頭皮をやさしくマッサージして髪の毛と頭皮に栄養分を入れてあげましょう。

アミノ酸や間充物質(ヒアルロン酸・リン脂質・NMF)、植物性スクアラン、ビタミンE、米胚芽油、卵黄レシチンなどがバランスのいい状態で配合された成分で構成されています。

シリコン系は一切使用されていません。

ですから安心して、頭皮につけてください。

もともと髪によくって皮膚にはつけないでくださいと謳った市販のトリートメントとはレベルが違います。

手にすり込んでいただくことで、主婦湿疹や手あれの改善ができます。

入浴剤として使えば、赤ちゃんのあせもやアトピーのかゆみにも効果があります。

シリコン入りのシャンプーやトリートメントを使っていた人は、始めはごわついて戸惑うかもしれません。

でも1ヵ月~半年後、しっかりとした髪の毛や頭皮が丈夫になっていく事で過去のツルツルに対する考え方は一変する事でしょう。

そして青白い丈夫な皮膚が健やかな髪の毛をはぐくみます。

頭皮と髪の毛は連動しています。

頭皮が弱って毛細血管から栄養分を充分に吸収できない状態では、将来的に抜け毛や細毛で苦しむ事は目に見えています。

そして今、頭皮のかぶれを気にしている方は、コクレイ薬用育毛剤は絶対に使ってください。

このコクレイ薬用育毛剤は、白血球の働きを正常に戻すことができます。

そして皮膚に進入する化学成分や菌、ウィルスにいたるまで制御します。

毛乳頭の働きを活発にする事ができる成分が入っていれば育毛剤の認可が取れます。

そんな次元を超えた内容になっています。

・セラミドの形成による炎症や傷の修復
・抗炎症剤の効かない菌に対しての人間が本来持っているバクテリオシンの正常化
・毛母細胞の活性、そしてかゆみ・かぶれに対して細胞生涯物質の解毒
・基底細胞の増殖促進
・繊維芽細胞の活性
・白血球の活性により細菌感染症やアレルギーの抑制

そしてコクレイ商品・アビエル商品 防腐剤として全体に使われているバラベンの無毒化までしてしまいます。

そのため商品の劣化を防ぐために使われた防腐剤・バラベンに対しての心配もありません。

顔や体のかぶれの改善方法

薬用アビエルPLクレンジングフォームまたはアビエルPLボディシャンプーでやさしく洗ってください。

コクレイへシャンプーをベースに薬草成分をプラスしたものがアビエルPLボディシャンプー、化粧も落とせるように開発されたものが薬用アビエルPLクレンジングフォームになります。

もし、UVケアなどの化粧品を使われている場合は、コクレイオイルエッセンスでマッサージをしてからを薬用アビエルPLクレンジングフォームお使いください。

マスカラも口紅も落とすことができます。

保湿成分の多い洗浄剤がアビエルPLボディシャンプーです。

アトピー性皮膚炎や過敏症の方で、頭も顔も体も洗われている方もいます。

ゆすぎはしっかりと行ないましょう。

その人によって使い分けるといいと思います。

そして薬用アビエルPLエモリエントエッセンス薬用アビエルPLボディローションお顔や体のかぶれているところを中心に付けてください。

保湿成分が、薬用アビエルPLボディローションに対して薬用アビエルPLエモリエントエッセンスは3倍入っています。

でもかゆみや痛みに対しては、コクレイ薬用育毛剤が一番効き目があります。

もちろんお顔にも体にもつけることは可能です。

今、何を一番気にしているかで使い分けるといいでしょう。

薬用アビエルPLエモリエントエッセンスは、赤ら顔、顔にきび、乾燥やしわ、美白にも効果のある商品です。

薬用アビエルPLボディローションは、汗による消臭効果や陰部のかゆみ・痛み、体にできるにきびや吹き出物、乾燥肌の改善に適しています。

コクレイ薬用育毛剤は、水虫の治療、火傷、虫刺され、パーマやカラーによるかぶれの予防・修復・改善に適しています。

この商品で様子を見て、必要であればプラス他のコクレイ商品・アビエル商品をご検討させるといいと思います。

かぶれは、一時的または、長い年月をかけて、体がいやがる物質に接触し続けることで起きます。

その物質に触れる機会をできるだけ避けて、それ以上生体機能を衰えさせない(アンチエイジング)ためにも生体機能の回復を図る手段として、
・正しいスキンケア
・バランスの取れた食事
・7時間前後の睡眠時間
・適度な運動
・ストレスを貯めない
生活を心がけることが大切です。

コクレイ商品・アビエル商品 は、30年という長い年月をかけて、「かゆみ」「かぶれ」を引きおこさない丈夫な皮膚・アンチエイジングのために研究開発されたスキンケア商品です。

正しいスキンケアで健康な皮膚を取り戻しましょう。 

シャンプーして、フカフカです。

ぬいぐるみと間違われます!byキンちゃん

 

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 048-511-2056 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ミーコの店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.