ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

おむつかぶれ

おむつかぶれ

おむつかぶれとは、おむつが直接触れている部分やお尻のしわしわの部分、おまたのむれやすい部分にできる、皮膚のかぶれです。

最初は赤くなる(かゆがる)だけですが、ひどくなると、赤い湿疹ができます。

重症になると、水泡ができてしまい、皮膚がむけてジクジクしたり、ただれて血がにじんだりします。

そのおむつかぶれを起こした部分は、おしっこやうんちが少しでもついてしまうと沁みますので、赤ちゃんは痛がって泣きます。

また、おむつの中は通気性が悪いため、長時間あてたままにしておくと皮膚は、むれて、ふやけて、とてももろくなってしまいます。

そしておむつですれることで、傷ができてしまいます。

さらにおしっこの中のアンモニアやうんちの中の酵素が、皮膚を刺激することで炎症をおこします。

おむつかぶれの予防として、普段からうんちをした後は、お尻拭きで拭くだけにしないで、できるだけお尻を洗うように心がけることがとても大切です。

みなさんは、お出かけの時は、どうしていますか?

ミーコさんのおむつかぶれをさせないご提案

コクレイオイルエッセンスを使ってみてください。

おむつを替えるとき、始めにお尻をやわらかいティッシュで拭いてから、コクレイオイルエッセンスをコットンにたっぷりと含ませて丁寧に拭いてあげてください。

お尻のしわしわ、足の付け根の赤くかぶれ易いところ、デリケートなところすべて拭いてあげましょう。

汚れも落とせて、菌からも刺激からも皮膚を守ることができます。

コクレイオイルエッセンスは、皮脂膜の代わりをします。

そして消臭効果もあります。

最低2回は、コットンを取り替えてください。

1回目は汚れを落とす。
2回目は皮膚のバリアを作る。

拭いた後すぐは、ベタベタしますが、2~3分もすると水溶性のオイルなので、お尻はサラサラになります。

おむつかぶれを起こした皮膚でも、沁みることなく汚れを落とすことができるので、赤ちゃんもいやがりません。

下痢をしていてお尻いっぱいよごしてしまっていたら、さあっと洗ってからの方が、手際がいいかもしれません。

おむつは2~3時間おきに指を入れてみて、おしっこで濡れていたらその度に、お尻をよく拭いてからおむつをかえることでおむつかぶれの予防になります。

女の子の場合は、前からお尻にむかって拭きましょう。

この時もコクレイオイルエッセンスを使ってみてください。

入浴時には、赤ちゃんのデリケートなお肌をアビエルPLボディシャンプーで洗ってあげると、こすらなくても垢・よごれ・老廃物を落とすことができます。

あとは、しっかりと洗い流してから湯船に入れましょう。

汗をかいたままでおむつを絶対につけないでくださいね!

赤ちゃんの皮膚は薄く、皮脂腺が少ないために皮膚のバリア層がまだ不安定です。

さまざまな刺激や細菌、真菌などに対する抵抗力もできあがっていません。

皮膚を丈夫にするためにも保護の為にも、薬用アビエルPLクリームをちょっと多めに赤くなりやすいところに塗っておくといいですよ。

2~3分してからおむつをはかせてください。

お尻を洗ったあとに、薬用アビエルPLクリームをつけてから、天気が良い日、ベランダでお尻をお日さまにあててあげると皮膚が丈夫になります。

おむつは、やわらかいもの、おむつカバーは通気性のよいものを選びましょう。

また下痢のときは、おむつかぶれを起こしやすくなります。

そんな時はなおさら丁寧に洗ってあげたいもの。

肛門のシワシワにうんちが残らないよう注意してください。

おむつかぶれになりやすいのは、
◎ ゆるゆるのウンチで回数が多い
◎ 胃腸炎による下痢
◎ 長時間オムツを替えられない(外出時や夜間など)
などの時です。

紙おむつでも布おむつでも、まめにとりかえることが大事です。

紙おむつでも長時間使用して汚れたままにしていると、おむつかぶれの原因になります。

おむつかぶれが起きている時にベビーパウダーは、粉がおしっこやうんちの成分を吸って皮膚についたままになりやすく、かえって悪化することがあるのでお勧めできません。

おむつかぶれが長引いたり、市販の薬やステロイド入りの薬を塗り続けると、お尻が真っ赤になり、ただれたり、皮膚が薄くむけてくることがあります。

カビの一種によるカンジダ皮膚炎を気にしてください。

おむつかぶれを起こしている皮膚は、ジュクジュクしているので、カビの喜ぶ環境になっていますので、カンジダ菌が繁殖してしまうことがあります。

そこにステロイドの薬を使うと、かえってカンジダ皮膚炎は悪化してしまいます。

こんな時も
◎ 洗えない時は、コクレイオイルエッセンスをコットンにたっぷりとふくませて拭く
◎ アビエルPLボディシャンプーできれいに洗ってあげる
◎ よく乾かしてから薬用アビエルPLクリームをたっぷり塗る
◎ 天気のいい日にお尻を日干しする
ことで治ります。

赤ちゃんのスキンケアってすごく神経を使うと思います。

お薬に頼り過ぎないで、使い続けることで丈夫な皮膚になっていくスキンケア商品を選んであげたいものです。

おむつかぶれで悩む前に、いつも清潔にして、さらさらのお尻でいられるようお母さんは気をつけてあげてください。

 

去勢手術して、人間の赤ちゃんのおむつされちゃいました。
意外と快適です。
byキンちゃん

 

お気軽にお問い合わせください TEL 048-511-2056 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ミーコの店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.