ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

更年期の汗

更年期の汗

ところかまわず、前ぶれもなく出る更年期の汗は、汗腺の機能が低下した為に起きています。

汗をかきやすいのではなく、汗があふれるという表現が正しいのかもしれません。

女性ホルモンには、汗腺の調節機能がありますが、更年期で女性ホルモンの分泌が減少すると汗腺機能のバランスは、一気に崩れてしまいます。

そして体温調節ができなくなり、体を動かしていないときでも汗がでてきます。

昼間の生活をしている中での汗だけでなく、寝汗も増えます。

人によってはおねしょをしたかのようにシーツをびっしょりと濡らしてしまいます。

この時の汗は、ネバっぽくアンモニア臭もあるので、家族に対しての引け目さえ感じる人もいるでしょう。

ただでさえ、精神状態が不安定になっているので、家族の理解がとても必要になってきます。

汗には、体を動かすと出る生理的な発汗と、自律神経の失調やイライラや不安などの精神症状が、影響する精神性の発汗があります。

そして更年期の汗は、精神性の発汗です。

不安やイライラの精神症状が強い時や外出先などで軽く緊張した時に汗が、出やすくなります。

体を動かすと出る生理的発汗は、さらっとしていて臭いもほとんどありませんが、精神性発汗である更年期の汗は、ベタベタし、臭いもきつくなります。

ハンカチで拭いてもベタベタ感が残ります。

こうした更年期の多汗には制汗剤の効果は薄く、制汗剤の乱用が汗腺の穴を塞ぐことになり、汗腺機能をさらに低下させてしまいます。

また更年期には血管が収縮し、血液の流れが悪くなっているため、下半身が冷え、反対に上半身に汗をかきやすくなります。

一般的な多汗症の場合は手足にかくことが多いのですが、更年期の場合は手足にはほとんど汗をかきません。

汗腺機能や体温調節機能が低下していることが関係しているので、手足は冷たいのに、顔、首筋、胸に集中的に汗があふれ出ます。

そして多汗の症状と一緒にほてりやのぼせ、冷え症などの症状も出ます。

汗が出ることを悲観したり、抑えようとするのではなく、汗腺機能を高める工夫をしてみてください。

また、皮膚の免疫機能も低下していますので、かぶれをひきおこしやすくなっていますから、不潔にならない工夫をしてください。

◎ こまめに顔、手足を洗う
(消臭効果・殺菌効果)
◎ 緑茶入りの蒸しタオルで体を拭く
(消臭効果・殺菌効果)
◎ 生姜をすって生姜湯にして飲む
(消臭効果・殺菌効果)
◎ 有酸素運動・半身浴を生活の中に取り入れる
(汗腺機能を鍛える・体質改善)
皮膚の免疫機能・自然治癒力を活性させるスキンケア商品を使う

コクレイ・アビエル商品は、そんな方のために開発させた商品です。

 

キンちゃんは、いつもこうやって美容室時代は店の前を人や犬が通ると気になってず~と見ています。

この姿が可愛くて、道行く人たちの足を止めてしまいます。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-511-2056 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ミーコの店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.