ヘア・ボディ・フェイシャルのお肌のトラブルに最適なスキンケアを

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、大きく分けて三つの原因によって引きおこされます。

アトピー性皮膚炎の第一の原因としてアレルギーが考えられます。

皮膚が、アレルギー原因物質 (化学物質、重金属、合成品、異種たんぱく)に対して生体防衛反応を起こし、細胞障害物質を分泌させることで、炎症を誘発させてしまうケースです。

この生体防衛反応には、次の3種類があります。

① 毒性反応 ( 表皮、好塩基球の破裂 )

② アナフィラキシー ( 真皮、肥満細胞の破裂 )

③ 自己免疫疾患 (表皮、好中球の異常活性)

そして、次の細胞障害物質の分泌が起きる事でアトピー性皮膚炎は、かゆみ→痛み→炎症→湿疹などへと進行していきます。

① ヒスタミン

② へパリン

③ たんぱく質分解酵素

④ 活性酸素

アトピー性皮膚炎の第二の原因として、皮膚の菌に対する免疫力・抵抗力が低下することが考えられます。

皮膚の免疫力、抵抗力が低下することで、細菌が繁殖しやすくなり、炎症を誘発させるケースです。

人間の皮膚は、次にあげる免疫力、抵抗力によって常にカビ、細菌、ウイルスと戦っています。

① 正常菌叢 ( カビ、細菌、ウイルスの繁殖防止 )

② 好中球 ( カビ、細菌、ウイルスに対する貪食性 )

③ マクロファージー ( カビ、細菌、ウイルスに対する貪食性 )

④ 好酸球 ( インターロイキンの分泌 )

⑤ ヘルパーT細胞 ( 抗原提示細胞 )

⑥ キラーT細胞 ( 細胞障害性T細胞 )

⑦ キラー細胞 ( カビ、細菌、ウイルスへの攻撃 )

⑧ ナチュラルキラー細胞 ( カビ、細菌、ウイルスへの攻撃 )

⑨ エフェクターT細胞 ( リンフォカインの分泌 )

⑩ サブレッサ‐T細胞 ( アレルギーの抑制 )

アトピー性皮膚炎の第三の原因として、皮膚の保護能力が低下することが考えられます。

保護能力の低下とは、次のさまざまなケースが考えられ、外界刺激物に対する抵抗力を減退させ、炎症を誘発させてしまいます。

① 皮脂膜による被覆膜( 飽和脂肪酸 )の形成不全

② セラミド( ヒアルロン酸、リン脂質、NMF )の形成不全

③ 表皮、基底細胞の増殖力の低下

④ 真皮、基質( プロテオグリカン )の形成不全

このようにアトピー性皮膚炎は、アレルギー・菌に対する免疫力や抵抗力の低下・保護能力の低下などが原因で、常在菌が異常繁殖を起こし、慢性的な皮膚炎を発生させ、さらに白癬菌の感染により、角化症を起こす皮膚疾患です。

ステロイド外用薬とリバウンド

アトピー性皮膚炎の方は上の表を参考にして、現在使用している商品の見直しをしてみてください。

ステロイド外用薬について、最近は特に副作用が誇張される傾向があります。

そのために外用治療を急に中止したために起こるアトピー性皮膚炎のリバウンド現象が増えています。

ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎を抑えるうえで最も効果があり、適切な使い方をすれば、非常に有効な薬なのです。

しかし誤解してはいけません。

ステロイド外用薬による治療はあくまでもアトピー性皮膚炎の対症療法であり、治癒を望めないということです。

アトピー性皮膚炎の完全治癒をめざすには、次のことが重要になります。

1.原因物質を中止する

2.皮膚を清潔に保つ

3.皮膚の免疫力、抵抗力、保護能力、自然治癒力を強化する

4.薬物治療でアトピー性皮膚炎の傷の修復を施す

すでにステロイドを使用している方は、急に使用を中止するのではなく、ステロイドの軽減、自然治癒力を強化のために作られた

コクレイ薬用育毛剤

薬用アビエルPLエモリエントエッセンス

薬用アビエルPLボディローション

の併用をお勧めします。

 

まだ赤ちゃんの頃のキンタロウは、いつも黄色のソファーでぬいぐるみのように座っていました。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-511-2056 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ミーコの店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.