左顔面が帯状疱疹になりました。

5月23日左のリンパ腺に違和感を感じるぐらいでした。

5月24日左のこめかみがズキズキ痛み出しました。
庭いじりをして頭皮が汗ばんだので、左頭皮に何か出来物ができたように思っていたら、その周りがズキズキ痛み出しました。
汗にかぶれやすいのでそんなに気にしないで、でも何で左ばかりズキズキうずくのかなって思い、風邪でも引くのかと感じていました。
ただ前日告別式で東京まで昼間出かけて、夜帰ってすぐ友達のカットをして、月曜は仕事量も多いので寝不足疲れていました。

5月25日少し左目が腫れて眉の下に出来物がぷつっと出没しました。
痒くってでも触るとピリピリ痛く、夜寝ていると出来物の周辺に虫が這っている感じがして、ムズムズ気持ちが悪かったです。

5月26日。突然襲ってくるズキズキ感はかなりひどくなってきました。
左目がお岩さんのようになってきたので、行きつけの皮膚かに電話をしたら、先生が学会に出席のため翌日予約を取りました。
ムズムズ、ピリピリ、ズキズキ、ヒリヒリ、そして高熱が出た時のような頭痛が突然襲ってきましたが、熱はでていません。

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月27日診察室に入るなり、先生に帯状疱疹だと言われました。

子供の頃かかった水ぼうそうのウィルスが神経細胞(神経節)の中で生き続け、ストレス.疲労.寝不足.加齢などで、身体が弱ると神経細胞をボロボロにして、真皮層そして表皮層へと出てきます。
顔にできるのは稀で、目の周りにできると角膜炎や結膜炎や運が悪いと失明することもあるし、難聴や顔面神経麻痺や脳が近いので脳膜炎などリスクが多く、入院して長期間の点滴治療になることもあるという事も知りました。
一日ファムビル錠2×3を一週間絶対に飲み続けないと帯状疱疹後神経痛を引き起こす可能性が高くなり、厄介な病気だと説明を受けました。
ファムビル錠、実は抗ヘルペス錠でとっても値段が高いです。
ジェネリックがないので、3割負担で7日分6,730円。
喘息の薬と神経痛の薬と合わせると今月は楽に3万円を超えてしまいました。
健康な体でいられることがどんなにありがたいか体が弱ってみて初めて痛感しています。

29

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月28日行きつけのペインクリニックに行くと先生がとてもびっくりして何をやったんだと怒られました。
とても心配して週2回喉に打つブロック注射(星状神経節ブロック注射)をしに来るよう言われました。
そして眼科にも行くよう警告され、土曜日の午後でも診療している眼科を探し、行ってみたらめちゃくちゃ混んでいて、14時に行って帰ってきたら20時でした。
ただ二次感染もしていると言われ抗生物質の飲み薬と抗菌剤の眼薬とゾビラックスの眼軟膏ともらえたので、ひと安心かなという感じです。
疲れ果ててしまいました。
これって本当は帯状疱疹にはよくないのではと思いつつ、早期のケアができることへの安堵感で複雑です。

5月29日神経痛に効くリリカをペインクリニックに相談して一日225mg飲み続けていたので、タイミング的に帯状疱疹の痛みが軽減されていたように思います。
でも寝ている時に帯状疱疹のせいで、虫が目の周りを這っているような感覚はとても気持ちが悪く、怖かったです。

5月30日だいぶ症状が治まってきました。
でも出来物の数を数えたら大小合わせて11個もありました。
その周りが、ムズムズ・ピリピリ・ズキズキ・スース―・グワングワン相変わらずしています。
少しづつ良くなって後遺症が残らないことを祈ります。

何の予告なく、体の片面のみズキズキ局所的にしだし、ビリビリヒリヒリする湿疹が出たら1日も早く皮膚科に行きましょう。