11月24日8時30分から11時まで肥塚地区で毎年恒例の防災訓練が開催されました。
本当は9月だったのですが、台風で延期になって本日の晴天に執り行いました。
いつもは、炊き上げの手伝いで、裏方に回っていたので訓練に参加したのは初めてです。
とても新鮮で真剣に練習してきました。

消火器の正しい使い方。
火が出ている場所から5mほど離れたところから大きな声で火事だぁと叫び、他の人を呼び集めみんなで消火にあたること。
消火器の安全栓を外して、ジグザグに噴射しながら逃げ道を作り、火に向かってではなく日の途に向かって噴射させること。
消火器は15秒前後しか噴射できないと始めて知りました。

竹竿を使った応急担架の作り方。
毛布を横長に広げた上に端から80cm程空けて竹竿一本を置き、巻きつけるように折り返します。

二重になった毛布の端20cmぐらいの位置にもう一本の竹竿を置き、上の毛布を巻きつけるように折り返します。

下の毛布をその上から被せて始めの竹竿の上まで引き乗せます。

ポイントは、毛布の片方の端が、竹竿に巻きついていることともう片方の端が竹竿の外まで出ていること。
この上に人が乗ることでしっかりと固定されます。

持ち上げる時には二人で掛け声をかけぐらつかないように気をつけること。
けが人の足の方を前に進行すること…だそうです。

けが人の役をしましたが、乗り心地はとてもよかったです。