遂に米食品医薬品局が抗菌石鹸等の販売を禁止にするとのニュースが出ました。

添付しましたファイルは日本経済新聞社9月3日の記事です。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H1D_T00C16A9CR0000/

【ワシントン=川合智之】米食品医薬品局(FDA)は2日、抗菌作用のあるトリクロサンなど19種類の殺菌剤を含む抗菌石けんや ボディーソープなどを販売禁止にすると発表した。通常のせっけんより殺菌効果があるという根拠がなく、長期使用の安全性も検証されていないとしている。

一部の米企業はこうした殺菌剤の使用をすでに中止した。トリクロサンを含む製品が多く流通している日本でも影響が出そうだ。

規制対象となったのはトリクロサン、トリクロカルバンといった殺菌剤を含むせっけんやハンドソープ、ボディーソープなど。
トリクロサンは殺菌効果などをうたう液体抗菌製品の93%に含まれており、2千種以上が販売されているという。

FDAは「消費者は抗菌せっけんは細菌の増殖を防ぐのにより効果があると考えがちだが、通常のせっけんと水より有効だという科学的根拠はない」と 指摘した。さらに「殺菌剤は長期的に利点よりも有害となりうる可能性があるとの指摘もある」と警告した。

一部の研究によると、殺菌剤を使うことで耐性菌が増えるリスクがあるほか、 ホルモンの働きを阻害するなど健康への影響を懸念する意見もある。FDAは2013年、衛生製品メーカーに、 トリクロサンなどの有効性と安全性のデータを提出するよう要請し、販売規制の是非を検討してきた。

今回の規制対象に消毒液や医療機関向けの製品は含まれていない。FDAは通常のせっけんと水による手洗いを推奨しており、 石けんがない環境ではアルコール消毒液の使用を勧めている。
トリクロサンは抗菌成分を持つ物質として、多くの日用品に含まれている。米国ではトリクロサンを含むせっけんが40年以上前から市販されている。
日本では1990年代に病原性大腸菌O157の被害が広がると抗菌剤に注目が集まり、トリクロサンが配合された薬用せっけんなども広く使われるようになった。

私は、ホームページやブログで一般に使われている化粧品やスキンケア商品に使われている抗炎症剤や抗菌剤の危険性について、普段書いてきました。

抗炎症剤や抗菌剤入りのスキンケア商品を長期で使い続けることで皮膚免疫性や正常菌叢のバランスの崩壊が起き、弱い皮膚が形成されてしまい、様々な皮膚疾患や皮膚トラブル(手荒れ・手湿疹・アトピー性皮膚炎・自己免疫疾患・過敏症・尋常性乾癬・)がいつ起きてもおかしくない予備軍の肌をを作り続けていることを一般消費者の方々が広く認識されたことと思います。

日本はそれでもまだ5年ぐらいは禁止にならないでしょう。

でも弱ってしまった肌を抱えて苦しんでいる人はもうこの国でも増え続けています。

コクレイ・アビエル商品は、全て天然物の抽出液と商品が腐らないための策としての防腐剤(パラベン)のみで作られています。

すべての皮膚疾患で苦しまれている方たちの皮膚機能を回復するために作られたスキンケア商品です。

もちろん生まれたばかりの赤ちゃんのあせもやおむつかぶれから寝たきりになってしまったご老人の床ずれや老人臭の改善にもお使いになってください。

私はできるだけコクレイ・アビエル商品について、ご相談をいただいたお客様とは一人一人とコミュニケーションを取るようにしています。

一人で悩まずにどんどん相談してください。

そして全ての方がストレスから解放され、健やかに毎日を過ごせるそんなお手伝いができたらと思っています。